季節の生菓子 和菓子

上生菓子・主菓子・上菓子・生菓子・朝生菓子 春・夏・秋・冬 季節ごとに変わる和菓子

季節の上生菓子・主菓子・生菓子・朝生菓子(7月11日現在)

半月毎に順次に代わる上生菓子をお楽しみください。

季節の上生菓子・主菓子・生菓子・朝生菓子

春の上生菓子

季節の上生菓子・主菓子

朝顔
上生菓子 主菓子
登り鮎
上生菓子 主菓子
夏菊
上生菓子 主菓子
浜千鳥
上生菓子 主菓子
紫陽花 あじさい
上生菓子 主菓子
上生菓子はコチラ

季節の生菓子・朝生菓子

鮎焼き
鮎焼き
桜の水羊羹
水羊羹
葛桜 くず桜
葛桜
麩饅頭 こし
麩まんじゅう
麩饅頭 みそ
麩まんじゅう
どら焼き・栗どら焼き
どら焼き・栗どら焼き
豆大福
豆大福
羽二重餅
羽二重餅
栗はぶたえ(栗餅)
栗はぶたえ(栗餅)
詳しくはコチラ

上生菓子・主菓子・上菓子・朝生菓子・並生菓子とは
お茶席でお薄(薄めのお抹茶⇔お濃茶)とお召上がり頂く生菓子。季節の花鳥風月を主に題材にした生菓子を主菓子もしくは上生菓子と言います。

見ための鮮やかさなどだけでなく、お味も特に素材にこだわり、お抹茶にあう素材の本来の風味を生かした上品なお味に仕上げるよう心掛けてお作りしています。
また、普段遣いにもおすすめの季節の生菓子。朝生菓子も販売しております。
その日のうちにおつくりし、その日のうちに召し上がって頂きたいという思いから、朝生菓子と呼ぶようになったとされていまます。
朝生菓子(並生菓子)に対して、上生菓子もしくは上菓子と呼ばれるようになったとされています。


  • どら焼き どらやき ドラヤキ

ページのトップへ